遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミートホープ!その通り!でもまじめに考える

<<   作成日時 : 2007/06/30 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんだか訳のわからないタイトルですが、そのままです。

先日父から送られてきたお肉詰め合わせセットの中に、

ミートホープ製の牛タンが入っていました。
一応、健康上は問題ないらしいのですが、過去に
亜硝酸ナトリウムが基準値以上に含まれていた偽装があったそうです。

で、販売した会社が自主回収を行っているそうです。
画像


画像


牛タンは大好きです。だからもらってからもいいことがあった日に食べようととっておきました。
で、この展開です。果たして、良かったのか・・・。健康被害が出る前にと思えば。

http://homepage3.nifty.com/KOMBU/nutrient/nutrient_15.html

こういうことがあるとちゃんと調べ直そうと思うのですが、このようなお話が掲載されていました。
nutrientは栄養のことですね。
なるほど、今まで亜硝酸ナトリウムのためにベーコンやハムを一度茹でていた(これで表面についたものの半分は落ちる)のだけれど、あまり必要ないかもしれないんですね。
それでも、一応やっていこうとは思いますが。
亜硝酸ナトリウムについてのお話は確か「美味○んぼ」にも出たことがありましたね。
野菜の自家栽培の時だったと思います。
肥料のやり過ぎは野菜の中に硝酸を大量に残すことになり、これが、体内で亜硝酸ナトリウムに変化して、二級アミンと結合して更にニトロソアミンへとなり、発ガン性があると。
これが起こりえるのは、葉っぱものの野菜、つまりほうれん草や小松菜、白菜、キャベツなどです。逆に、実ものの野菜、トマトやなすというのは使い切ってしまうのでまず残らない。

このようにして野菜から摂取する亜硝酸ナトリウムの方が健康被害が起こりえる、というのは煽られすぎですかね。

http://www.coara.or.jp/~wadasho/tenkaasiousan1.htm

もちろん、このような見解もあります。中毒ではなく、発ガン性に問題があると。
そもそも、何で毒を食品の中に添加するのか?そこからして企業は間違っていると。

今回は勉強になりました。そういう意味ではミートホープに感謝しなければなりませんね。
ただ、北海道出身者としては、ブランドの失墜にもつながりかねないので許せませんがね。

あなたの見解はどうですか?コメントお待ちしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
……俺、家で牛タンなんて喰ったことないぞ……。
八柾
2007/07/01 21:53
毒って言ったって色々あると思うよ。
有名なのはH2OとかNH3。
どっちも体の中で生成されてるけど、純粋だとヤバイ。
要は量だとか濃度だとかで殆ど決まってまう。
ビタミンCとか鉄分の過剰症はあまりにも有名。

それにしてもさすが北海道。
『ミートホープの』牛タンなんか誰も送って来ない。

P.S.基準値は安全のための最高値ですから・・・
nest
2007/07/03 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミートホープ!その通り!でもまじめに考える 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる