遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 敗軍の将、兵を語らず

<<   作成日時 : 2008/01/24 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数日、イオンとCFSの委任状争奪戦についていろいろ書いていましたが、
結果としては、反対が46%を占め、否決されました。

この結果を受け、どうなるかと言えば。

イオンが、CFSの経営に介入強化することは間違いないでしょう。
また、謀反を起こされてはたまったものではないですから。
まあ、そもそも、当初の計画からイオンのPBを導入することは決まっていたのですが。

イオンの「緩やかな連携」は、スケールメリットを生かすようなシステムではなかったのです。
ツルハ等々からも「わざわざイオングループに入る価値がわからない」といった声がみられました。

アインとCFSの関係はと言えば、ちょっとギクシャクするくらいじゃないですかね。
そんなに競合店舗があるわけでもないので・・・。

この株主+イオンの選択の結果が現れるのは、きっと09年の秋頃でしょう。
09年4月に、薬事法が改正されることにより、スーパーでもOTC医薬品(大衆薬)が買えるようになります。
イオンとCFSが競合することになるのです。それ以外のライバルも増えます。このとき、CFSの財務状況、経営はどうなっているのか。その時になってみないとわかりませんね。


ところで、なぜ否決されたのでしょう。
当初は、取引先銀行も賛成していたのですが、どうやら、イオンと「何か」あったらしく、
反対派に寝返ったようです。それが、最終的な一打となりました。
銀行だけで、1割強持っていましたから。
イオンは、銀行も持っていますからね・・・。やはり、大きなところには、飲まれてしまうのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敗軍の将、兵を語らず 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる