遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 翹望−二

<<   作成日時 : 2008/02/28 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そうそう、こんなのもあります。こっちはもう発売されていますが。




ポイズンピンク。ダークファンタジーシミュレーションRPGとのこと。
壁紙
上のムービーをみていただければわかりますが、黒いです。とっても。
何しろ、ずっと重厚な音楽が流れ、暗い雰囲気の中ムービーが進行していますから。
もともと、あんまりRPGはやらないmultiですが、こういう雰囲気は好きです。
というか、RPGのステレオタイプとして「恋人がいて、その人のためor恋人と世界の運命が直結、と言うわけで成敗しにいって、結果神様とっちめておしまい」というのがあります。FFにしてもDQにしてもTシリーズにしても。
まぁ、基本的で当たり障りもなく、それはそれで売れる(売れている)と思うのですが、そこから一歩脱却する勇気を示したバンプレストには敬意を表したいと思います。
ただ、自分はやりこむゲームが苦手です。本来、ゲームは消費財。ゲームのために時間を確保するという概念はどうしてもなじめません。「時間が出来たからゲーム」であり「ゲームのために時間をつくる」のは主従の逆転だと思います。あたかも、チョコエッグのおまけです。
もちろん、そういうゲームを望む人はいるわけで、その人たちを否定することはしませんし、それはそれで面白味のあることだと思います。ただ、自分の信条として馴染めないだけであって。
実際には、レベル上げという作業がきらいなだけなんですが・・・。
どちらにせよ、これだけ重厚なゲームであれば、手応えもあると思いますよ。面白いゲームであれば、レベル上げも苦にならないと言うことはわかっています。かつて、そういうゲームに出会ったことがあります。



ほかにも、いくつかあるのですが、まぁ、それは心の中にしまっておきます。あんまり宣伝するようなものでもないので。

先立つものがないと、買えるものも買えないわけですが、逆に言えば、手持ちのお金に比例して欲しいもののレベルも上がるから、いつまで経っても「金欠」感覚というのは拭えないのではないのでしょうかね。ふむ。まぁ、今の自分の経済レベルについては(相対的に見れば)文句が言えないくらいによいので、その当たりを愚痴ろうとは微塵も思いません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
翹望−二 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる