遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 解答(問題を先に読んでからお読み下さい)

<<   作成日時 : 2008/03/17 08:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、やっと答えがかけるくらいの余裕が出来ました。

答えですが・・・




「自転車は止めず、去り際に子供に向かって注意だけをする」

なんです。


意外でしたか?

周りでも3という解答は一人もいませんでした。

動機については、まぁ、時間も経ってしまったことですし、ざっくりと。

1.事故そのものについては、子供の方にほとんどに責任がある
2.子供は大人に比べて立場が弱いから、一方的な叱責を受ける可能性があった。
3.であれば、弁護の余地があったが、あろう事か、子供は責任逃れをした。
4.そして、おばさんは、そんな子供の態度に対して更に大人げない対応をした。
5.そこに中学生たちが中学生らしい対応で入ってきて、「オトナ」を指弾し始めた。
6.そんなところで、極端に言ってしまえばガキみたいなおばさんを弁護することは、自分には出来ない
7.たいした事故ではなかったから子供にけがもないようだし(あってもスルーだが。けがもしない子供なんか嫌いだ)、ここはスルーでも問題ないとしてスルー
8.とはいえ、去り際に会話を聞いていると、あまりに子供の態度がひどかったので、「前を見て運転しろ」と一言大声で言った

と言うことです。あのおばさんが弁護に値するかどうかと言えば、かなり怪しいのですがね。

 
事故後、おばさんさっさと立ち去ろうとしていましたし。まぁ、自分に絶対的な非があるわけではないので、わからなくはないのですが。


一つだけ気になるのは、自分が脇を通過したとき中学生が口々に「逃げんのかよ!最低だなー!」と言っていたことです。おそらく、おばさんに向かっての発言なのでしょうが、自分へ向けられた発言とも解釈できます。それでも、自分は、以上のような考えを持って去っているわけで、心外です。



そこで助けるような正義感は関東に来たときに捨ててしまいましたよ。誰も助けないし、誰も助けてくれないもの。それでも、困っている人を見たら放っておけないところはまだありますけどね。情けは人のためならずですから。八柾師。


事なかれ主義でも、事後のことを考えた事なかれ主義なら、とってもいいことだと思うのですがね。波風を煽るのもいかがなものか、ですよね。きゃささん。


まぁ、嫌いな人の弁護も出来ない自分には弁護士は向いていませんね、と。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
納得。しかし短時間にそんなに考えられる君はすごい。
波風煽りまくりで申し訳ない…
きゃさ
2008/03/17 19:14
なるほど。
文章で物事を伝えるのは難しい、と思いました。
氏はその主婦の性根に何か同情しがたい醜悪さを視たのでしょうが、正直、問題編でそれを読み手に伝えることに成功しているとはいいがたい。
なれば、答えを間違うのも必定。

と、自己弁護に回ってみたり。
八柾
2008/03/17 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
解答(問題を先に読んでからお読み下さい) 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる