遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 収斂

<<   作成日時 : 2008/03/21 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

明日は、先輩方の卒業式です。
うちの高校の場合、進路が皆一緒なので、一般的な卒業式のような感慨はほとんどないのですが、競走部という視点から見れば紛れもない卒業なのです。

1月末の勝田全国マラソン以降は、先輩方も部活を終え、各々の生活を送っていらっしゃいます。
故に、益々卒業という想いが薄れるばかりで。

2月からは、練習に先輩がいらっしゃらないから、リードしてくれる人がいなくなりました。
そうなって初めて、自分たちが前に出ました。
練習自体は、1年生に引っ張ってもらわなければならないほどに2年生は貧弱なんですけどね。

ライオンの母親は子供を・・・と言った話がありますが、そういうことなのかもしれません。微妙に違う気もしますが。むしろ、いなくなってからわかるありがたみと言った方が近いですね。親孝行したいときに親は亡し、です。

特に、昨日までの10日間強化練習では、それをひしひしと感じるばかりで、同時に己の無力さ、無能さを痛感したところです。
本当、自分ってつくづく使えないやつですよ。
日頃から、「馬鹿は嫌い」とか「無知は大罪」とか言っているくせに、自分が一番そうじゃないか、と。馬鹿は自分が馬鹿であることに気がつかないからこそ馬鹿なのだ。とは誰の言葉だったでしょうか。
強化練習は、後半になってやっと調子が出てきましたが、それまでは散々たる結果で、自分自身この期間で強くなれたかと言えば、そりゃぁ、ちょっとはなったかもしれないけれど、みんなよりも3割減くらいなんじゃないかなぁ、と考えてしまいます。

他人におんぶにだっこで生きてきた今までの数年間とは一線を画した生活を送っているわけで、それ自体も大きなプレッシャー、ストレスだったりします。
そういう自分が嫌いで、それ故に悩み、やっぱりストレスになります。

中学時代のことをご存知の方ならわかると思いますが、自分は、結構前に出るタイプです。その割に信用、信頼はありません。というか、ほぼゼロです。
自ら「能力もないのにしゃしゃり出るな」と言っていたけど、まぁ、自分のことでしたね。
なぜか。
決断力のなさがあげられます。
一度、中学時代の恩師に言われました
「君は、口もうまいし、力もある、そういう「槍」を持っていて、常に構えているんだけど、そこで刺せ、と言うときに限って、槍を引っ込めてしまう」と。

・・・なるほど。今になって、ようやくわかってきましたよ。

練習が満足に出来ないと、こんな風に気持ちも鬱ぎ込んでしまい、悲観思考に転じてしまいます。反省は必要なんですけどね。

一度反省するととことん反省してしばらく鬱なままなので、強化練習中、それも前半に反省モードに突入すると、もはや木偶の坊以外の何物でもないわけです。
ここ最近は、キャプテンはじめ、皆さんには本当に迷惑ばかりおかけしています。
原因である自分へのダメージはそんなには多くないのですが、それがかえって申し訳なさを倍増させてしまいます。本当に、無能でごめんね。


話が脇にそれました。

それで、今日は競走部としての送別会を開くことになっています。
先輩後輩でお互いにメッセージを送ると言った、シンプルなものですが。
まぁ、何を言おうかなぁ・・・。今の心境じゃ謝罪以外の言葉が一切思いつかないや。


その後、近くのレストランにて夕食会です。幹事は自分です。
こういった雑用をやるのも、自分の役目だと思っています。

今日で、当代の競走部としては最後となるわけです。
それを飾ることが出来るのは、光栄だと思います。
いろいろなことでご迷惑をおかけし、また、ご指導いただいた先輩方には、多大な感謝をしています。その気持ちが、少しでも伝われば、と思います。

・・・じゃぁ、贈る言葉に原稿つくるか。原稿作って話しても、即興で話しても質としてはあんまり変わらないんですけどね。せいぜい、「えー」とか「あー」とかが減るくらいで。

なぜ、雑用を引き受けているmultiがマネージャーではないのか?
詳しくは、過去の記事にちょこちょこと書いています。マネージャーでブログ内検索すると、多分、だいたいのことはわかります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>槍
巧いですね。誰が言ったのかとても気になります。

もう遅いかもしれませんが、謝罪は結局のところ自己満足に終わるだけですから、ここは感謝に専念すべきかと。
八柾
2008/03/21 18:27
「自分は無能」「自分は信用がない」と、だいぶご自身の才能やらなにやらを低く見積もっているようですね。経験からそう仰っていられるのであれば、私がどうこう言える問題でもないですが・・・周りの人々は、あなたが思っているよりはずっとあなたのことを有能だと思い、信用している筈ですよ。でなければ、誰もあなたには雑用すら任せたりしませんし。信頼があるからこそのきつい言葉、というものもありますよ
憂鬱
2008/03/21 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
収斂 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる