遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS 治療してあげる

<<   作成日時 : 2008/05/24 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

まぁ、最近こういう言葉を聞くようになりましたが。

例えば、同性愛者(特にゲイ)が異常性愛者で、ビョーキだとか、
ロリータ・コンプレックスもちは、変態性欲者で、病気だから死んだ方がいいとか。
知的障害者に対する「きもい」とか「邪魔」とかそういう言動全般をさします。

これって、少数派に対する「数の暴力」に他ならないのですよね。

まぁ、先陣切って批判している人たちは、防衛機制なのでしょうが。

自分にとって得体の知れないもの(=例えば、100%の異性愛者が同性愛者の感情を理解することは出来ない)は、
得体が知れないから、とりあえず批判します。
よくわからないから、批判します。「変だ」と。

異端を認めない社会は、人類社会には顕著です。
むしろ、猿などのほうが異端者を受け入れる姿勢があります。
突然動物園(保護区)から放たれた猿が、野生の猿のコミュニティにとけ込むには、3週間とかからないそうです。
保護区と野生では同じ猿とはいえ環境が全く違ったのですから、もはや同種の生き物とはいえません。
にも、関わらずです。

表題の「治療してあげる」だってそうです。
「私が正常」で「あなたが異常」だから「私があなたを治療してあげる」ということが暗に含められているのですから。

ロリコンだって、「きもいきもい」と言われつつければこそ、鬱屈した感情が蓄積し、犯罪行為に走るのではないのですか?
ごく一部の犯罪者のおかげで、自分まで「変態」扱いされるなんて、理不尽じゃないですか?

ラベリング理論ともつながるところがありますが、「お前は社会不適合者だ」というレッテルを貼られた人間の気持ちを考えてみて下さい。
普通の人間なら、発狂してしまいます。お前に「生きる場所」はない、と宣告されたのですから。

ただ、そういった、いわゆる倫理観が先天的・後天的に欠如したタイプの人間は存在するかも知れません。
そういった人々に対する対応と、そうでない、大多数の人々を同一視するのは、大きな誤りであると考えます。

だから、例えば、あなたが異性愛者で、同性愛者に告白されたとします。
その時「私、そういうシュミじゃないの」は、(みやきちさんも仰っていますが)変です。(同性愛は趣味ではありません。だって、異性愛が趣味ですか?ロリコンも同様)
より適切なのは「私、あなたのことを恋愛対象としてみることが出来ないのです」ではないのでしょうか。
性別とか、そういうところにこだわった「偏見」ではなく、「自分に告白してくれた人が“たまたま”同性だった」くらいのことでないと、
より深い理解にはつながらないと思うのです。


自分は、様々な偏見の基に「ロリコン」あつかいされるきらいがありますが、そういう場合って、得てして過去の「えた・ひにん」的な「汚れている」という軽蔑的表現が「ロリコン」にこめられています。
そういった、得体の知れないものに対する恐怖に、打ち克たなければ、と思います。
確かに、周りから観ると、自分の趣味って得体知れないだろうなぁ・・・


最後に。
ちょっと前に、TVで放送された「世にも奇妙な物語」に、「13番目の男」という話がありました。
その中から自分がちょっとまとめて。

人は新しい生活・文化に接すると4つの段階を経験するという。1つ目は興味から発生する好奇心。2段階目、その得体の知れない生活・文化に対する恐怖から、不満がおきる。3段階目、その恐怖を克服しつつあることによる、あとから来た者への知ったかぶり。4段階目、その文化を理解し自分のものになる。住人になる。そして・・・懐古だ。


そういうことです。今、自分は第3〜4段階のあたりなのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
絶望と諦観の末に選民たる己を自覚すべし。
まあ、ベタな適応機制だよね。

目の前の人間なら、言を尽くせば蒙を啓けるかも→がんばる→理解してくれた→次行ってみよう→まだ何億人もいますよ→挫折
じゃあ学校教育の段階でまとめてやってみよう→妨害とかいろいろあるよ→それでもがんばって導入させたよ→数十年後→なかなかみんなの意識は変わらないよ→家庭で偏見が植え付けられてるんだからどうしようもないよ→挫折
じゃあ家庭から子供を奪って教育すればいいんだ→なんという白豪主義→Stolen Generation

言うまでもないだろうけど、てきとうに誤魔化して上手くやってくのが一番の得策。なぜ××と言ってはいけないのかまともに考えたこともなく、単に「学校でそう教わったから」か「その言葉を口にすると周囲から睨まれるから」というだけで、惰性か空気読みかだけでやってるような××が大半を占めるこの世の中じゃ。
八柾
2008/05/27 01:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
治療してあげる 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる