遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ

アクセスカウンタ

zoom RSS キレると言うこと(追記)

<<   作成日時 : 2007/11/27 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに沸点越える日々が続いています。
というか、たぶん初めてです。三日連続で怒ったの。

何があったかと言えば

一昨日
深夜十二時半に「明日の宿題についてなんだけど・・・」と電話。自分微睡んでやっと眠れると思っていた時だったので結構キレる。しかし、内容については教える

昨日
「ipodにyoutubeの動画入れるにはどうしたらいいの?」と電話(同一人物)
「検索してみた?」
「してない」
「してみて」
「多すぎてわからない」
ポカーン
なんだそれ、と。
で、とりあえず一番上開けと言ったら広告開いたらしい
すくなくとも、それ位小中の授業で教えてほしいですよね・・・。
とりあえず検索しろよといったが、仕方がわからないとごね始めたので
仕方なくこっちもパソコンをつかってアドレスを教えようとする
その間に逆ギレされ、半ば一方的に切られる
イライラ

今日
頓珍漢なことをいう同じ部活の友人がいたので、「ばーか」といったら
突如キレて、背後から殴ってきた
結構痛かったが、別にキレるほどではなかった。
故に、そこで抑えても良かったのだが、コイツは一度ガツンと言っておいた方がいいと胸ぐらをつかみ、「いい加減にしろよ」と一言

これで終わらない

自分自身ではそういうプライベートなことと部活の練習は全く別だし、そこでは貴重な仲間なので、練習中から応援していた。実際、彼はいつもよりも練習に精を出していたので、練習後、「いつもより練習量上げて頑張っていたね」とほめる
が、「うっせーよだまれよ、陰でこそこそ悪口いいやがって」
「え・・・(笑)?いつそんなこと言った?マジで」
「しらばっくれてんじゃねーよ、マジでふざけてんじゃねーよ」
「ちょっと、みんな、俺どうしたらいいわけ?俺コソコソ裏でなんか言ったっけ?」
「あーあーあー、かなり大きな声でコソコソ言っていたよね(一同爆笑)」
「あ、マジで?」
「ふざけんなよ、コソコソしやがって」
「おいおい、まだいうのかよ?」
「はぁ、お前の方こそ、コソコソバカにしやがって」
「みんな、もうどうにかしてよ!しつこいよ?」
「うるせーんだよ!(自分の胸ぐらにつかみかかる。服の糸がブチブチ切れる音)」
「おいおい、どうしたんだよ?」
こういうときは、相手と視線を合わせながらのらりくらりと躱すのが一番なんだそうで。
しかし、合わせてくれません。
「はぁ?ふざけんなよ、まじで、さ、おい!」
「どうしたの?本当、変だよ?」
「はぁ?お前がおかしいんだろ?」
ブチブチブチブチ。あぁ、ただでさえ首が細いから首周りの小さい服探すのに苦労しているっていうのに、その努力も無駄ですか・・・。はぁ。
「なぁ、レポートでも書いていて、眠いのか?」
これは失言でした。反省です。
「何がレポートだよ!ふざけんなよ!」
胸ぐらから首に手が移り、私の首を絞め上げます。
「ぉ、ぉぃ・・・ちょっと・・・」
「マジぶっ殺す!」
「やめてよ・・・ぅぇっ」
「おいおい、そのくらいにしておけって」
さすがに、ここまでくるとまずいと思ったのか、周りで笑いながら見ていた仲間が止めに入ってくれました。
「・・・なんか、俺ここにいるとまずいようだから、さっさと帰るね。じゃ」
「ん。悪いね」
キャプテンがそういってくれました。
悪いのは、彼と自分であって、決してキャプテンではないんですがね
自分たちはいいキャプテンを持ちました。

まぁ、その後彼は誰の呼びかけにも応じることなく、一人で帰ったそうです。
かつて、いろいろ(自主規制)・・・。そうしたら、皆さんは、「multiが(自粛)されたんですか?あいつ、いい奴だったのに・・・」っていってくれますか?

まぁ、そんな微妙に重い質問はスルーして

問題は、これからの彼の自分たちに対する態度ですね。
自分自身では、この問題は既に完結していて、
・殴られたことに対する報復としての威嚇、即ち拳一発=威嚇一声
・その後の彼への嘲笑、彼はキレているのにそんな彼をダシにしたトークを受けて?の首絞め
、即ち精神的屈辱?=与肉体的ダメージ
となっているわけです。

ちなみに、今首筋が痛いです。どうやら、痛めてしまったようです。
もともと、首が細く、気管までの距離も近く、さらには細いために、首を絞められるとすぐにのどを痛めてしまうのです。ちょうど、のどの風邪を引いたときのようか感じと思っていただければ間違いないと思います。

この状況下で、明日、彼がチームに対してどのような行動をとってくるかが注目と言うことです。
彼の中では、おそらくmultiが一方的な害悪であり、彼自身こそが正義であり、自分に非はないと思っているようです。独善的で救いようがないと言ってしまえばそれまでですが、これで終わってしまってもいいのでしょうか?
とはいえ、子供に対して子供の目線でケンカするというのはいかがなものでしょうか(これこそ独善的か)。
つまり、自分たちが出来る反応の対応策としては、
余裕を持って構え、謝ってきたら許して、謝ってこないようならmulti以外の人から謝るようにアプローチをかける
これくらいしかないのかもしれません。

今、彼は(削除)悪かったと反省し、枕をぬらしているのかもしれません。
それを知る術は皆無に等しいのですが・・・。

まぁ、これで、多分3年分くらいは怒ったので、向こう3年は穏やかに生きて行けそうです。

※追記 07/11/28
誹謗中傷ではないかというご意見をいただきましたので、自分でもよろしくないと思った部分を削除、伏せ字にさせていただきました。
一応、事実だけを主観的に述べるだけに縮小したつもりです。
そんなことなら全面削除したらいいじゃないか、とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。
なぜ、この状況下でも掲載を続けるかと言えば、そのものずばり、伝えたいことがあるからです。
例えば、ここで、彼の実名を上げて糾弾することだって不可能ではないわけです。
しかし、そんなことになんの意味があるのでしょうか。むしろ、「陰でコソコソ悪口」の典型です。そんなことをしかけた自分が恥ずかしいです。
ただ、どんな高校生にだってあり得る、ごく日常の等身大な光景を、高校生らしい文体で、かくとこうなる、とでも言えばいいのでしょうか。

コメント欄をご覧になればわかりますが、たった一文です。でも、しっかりと丁寧語が使われており、いわゆる「炎上」(まぁ、炎上するほどアクセスないけどね)するような、自分が感情的になって反論する余地のないような書き方です。
多分、これがなければ、自分自身の興奮が収まるまでは削除せず、彼を市中引き回しの刑に処しているような、まさに独善的な行為を続け、掲載し続けていたでしょう。
人の振り見て我が振り直せ、とはよく言ったものですね。一番子供だったのは自分自身でした。

もし、この駄文を見て思うことが少しでもあれば、是非コメントしていただければと思います。
名無しで構いません。multiを一方的に指弾するようなことでも構いません。それで、multiが学校で仲間はずれにされるようでもそれは自業自得というものでしょう。

あぁ、書いていると中二病の泥沼にどんどんとはまり込んでいるような気がする・・・とっとと削除した方が、楽になるかも
大体、見せたい人には大概読んでもらったし・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多分に誹謗・中傷を含む文章なので、掲載を続けるべきでないと思われます。
被害者に非ず
2007/11/28 20:08
途中で「これなんてk(自主規制)?」とか思ったのは秘密です。
八柾
2007/11/30 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
キレると言うこと(追記) 遠キ島ヨリ椰子ノ実ヒトツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる